1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 宮田大 チェロ・リサイタル
MUSIC

宮田大 チェロ・リサイタル

MUSIC

大ちゃんは宇都宮出身という事もあってか、1年に1回ペースでリサイタルを行ってくれます。

前回は2012年11月26日、前々回は2011年10月31日でした。

今回のピアノ伴奏は前回と同じでジュリアン・ジェルネ氏

プログラムは

フォーレ:エレジー
カサド:レキエブロス(愛の言葉)
三枝成彰:震災のためのレクイエム
黛敏郎:BUNRAKU (無伴奏)

メンデルスゾーン:チェロ・ソナタ 第2番 ニ長調 作品58

過去のリサイタルは、ラフマニノフ、ドビュッシー、R.シュトラウス、ベートーヴェン、ブリテンなど王道の曲でしたが、今回は様々なイメージの曲を聴けました。

この中で楽しみにしていたのが、無伴奏チェロでBUNRAKUです。

暗譜でかつ場内及びステージ上の照明を落とし、大ちゃんだけスポットライトで照らしての演奏でした。
三味線をピチカートで表したり、義太夫の声をチェロで表したり独特の雰囲気の曲です。

BUNRAKUは2012年2月に大ちゃんと「いちむじん」というクラシック・ギターのデュオグループとのコンサートで一度聴いていましたが、もう一回聴いてみたいと思っていました。

前回と同様、熱演でしたね~

大ちゃんはまだ20歳代後半なので、昨年聴いた堤さんや山﨑さんほどの凄みはありませんが、集中して演奏している時の表情が何とも言えません(笑)
特にゆっくり目の低音を弾いている時は特に良いですね。

実際の演奏も力強い演奏です。

アンコールは

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ジブリ:天空の城ラピュタより 君をのせて
ジブリ:ハウルの動く城より 人生のメリーゴーランド

と普段とは違った曲も聴けました。

NHK-FMでの収録があったようで、2/28 PM:7:30~9:10のベストオブクラシックで放送されるみたいです。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。