1. HOME
  2. FAVORITE
  3. BREX
  4. B.LEAGUE 2019-2020シーズン 第19節 vs 大阪エヴェッサ
BREX

B.LEAGUE 2019-2020シーズン 第19節 vs 大阪エヴェッサ

BREX

1/25、26日はホームで大阪エヴェッサ戦でした。
前節は心配していた通り秋田に64-66で敗れて迎えた大阪戦でしたが…
25日は69-72で敗れて今シーズン初の3連敗を喫しました。
26日は85-73で勝利しました。

秋田戦も25日も点差だけ見れば接戦のようですが、内容はブレックスらしくないゲームで惜しいというような試合では無かったと思います。ブレックスらしい試合をしていれば勝てる試合でした。
26日にはやっと今年になってホーム初勝利をあげましたが、まだまだ本来のブレックスらしさは一部しか出ていません。

プログラム

チラシ

<<25日>>

この日は「宇都宮愉快Day」で佐藤市長とミヤリーが来ていました。

スターターはライアン、ジェフ、遠藤、比江島、鵤
ここのところ調子を落としている渡邉はスターターから外れました。
でも、そもそもナベはスターターというよりも途中から流れを変えるために出場させた方が良いと思います。

15:05にTIP OFF

初得点はライアンのはずですが、なぜか鵤(笑)
写真、どこいったんだろう?

遠藤の3ポイント

比江島

ジェフのブロック

この日はいきなりの4人変え(以前は5人変えもありました)

テーブス

ナベがスティールして

テーブスが決めます

喜多川の3ポイント

BREXYの新フォーマンス その1(画質を1080p60HDに設定するのがお勧めです)

もう一つ喜多川

テーブスの3ポイント

遠藤

ジャワッドの3ポイント

ライアン

比江島

ライアン

前半を終わって40-32とリードしていましたが…
ここからがらしくないプレイが続きます

何か変な羊がいました(笑)

比江島のダンク

ジェフが足でしょうか?
痛めた様子でベンチに戻ります。

この日の残りはベンチ観戦でした。

遠藤の3ポイント

ライアン

まだこの段階では49-46とリードしていますが、何かうまくいきません
安齋HCも厳しい表情…

遠藤

竹内

比江島

BREXYの新フォーマンス その2(画質を1080p60HDに設定するのがお勧めです)

1点リードして最終Qへ

ライアン

テーブス

ライアンのダンク

オフィシャルサイトでは逆に1点ビハインド…

オマケ

比江島のレイアップで69-72と3点差まで迫りました。

応援にも熱が入ります(笑)

残り18秒で比江島の3ポイント…入りません

残り13秒のライアンの3ポイントも不発…

残り2秒で最後を託された遠藤も決められません。
でも審判の手を見ると決まっても2ポイントだけど…

そのまま試合終了

試合後のコメント

比江島

シュートタッチは悪くなかったし、迷って打つこともなかったので打ち続けたい。
僕らがひどい試合をしたということではないと思うが、勝負どころで我慢しきれなかった。
オフェンスにもっと絡んでやれれば良かった。
自分の役割は点を取ることで、ディフェンスの部分はもっと質を上げてコミュニケーションを取るところは率先してやりたい。
接戦で負けているので、1度勝てばまた勢いに乗れると思う。
明日は出だしからしっかりと入り、ブレックスらしい速い展開で高確率でシュートを決めたいので、もう一回ディフェンス、リバウンド、ルーズボールをしっかりとやりたい

テーブス

今は人の入れ替わりなどもあり、リズムが掴みきれていない状態ではあるとは思う。
負けが続いて1本1本のシュートが重くなってきている。
シュートが入りはじめて、もっとディフェンスの激しさが上がっていけば勝利につながると思う。
明日は本当に勝ちたいので、今日できなかったことを反省して、同じミスはしないようにやっていきたい。
それ以外は、もっとリラックスしてプレーできたらと思う。
(個人のプレーを振り返って)
チームが負けてしまったので評価としては0点。勝つことが必要。
ディフェンスはまだチームのルールを全部理解できていないことがある。
今日も何回か簡単に抜かれてしまったところもあった。
後半は相手のガードにプレッシャーをかけることでターンオーバーをさせることができたことは良かった。
プレータイムが限られる中でもシュートは入ったのでオフェンスではいつもどおりアグレッシブにできたと思う。

遠藤

久しぶりにホームでプレーができてやりやすさは感じたが、プレータイムを多くもらっている中で自分にはもっとできることがあったと感じている。
自分を含め、チームとしてディフェンスのコミュニケーションが少ないことで、簡単に得点に決められてしまう場面が、大事な時間におこってしまった。
自分が出て率先してやらなければいけないことだった。
残り5分を切って負けていても慌てずに、ディフェンスで止めて自分たちが得点をするという今まで自分たちがやってきたことをもっと出せたはず。
前半の入りはスタートの5人もあとから出た選手もアグレッシブにエナジーのあるディフェンスができていた。
後半から大阪のピックアンドロールに対してスイッチをするのかどうかなど迷いが出て同じ選手に2人が行ってしまうなど、簡単にオープンのシュートを打たせてしまった。
そういったコミュニケーションでカバーできるべきところで相手に好きなようにやられてしまったことが敗因。
後半では自分たちから仕掛けられていたディフェンスの強度が前半ほどなく、受け身になっていた。
個人としては、2試合続けてターンオーバーが多く反省が残る。
復帰後だったとしても、言い訳をしない、そういうところでミスをしない・慌てないというのが、自分の良さだし求められていること。
今日のようなターンオーバーは相手に流れを与えてしまうきっかけになるので改善したい。
シュートは入らない時もあるが、打ち続けたから今日も何本か入っていったと思う。
周りも下を向かずに、シュートが入らなくても、ディフェンスができるというチームでやってきているはずなので、チームとしての良さを出していきたい。
HCのこともチームメイトのこともみんなを信じてやるべきことをしっかりやり続けるということが今は一番大事。

竹内

大阪のリバウンドの強さは警戒していたが、後手に回ってしまい、相手にオフェンスリバウンドを奪われ、リズムを作られてしまうシーンが多かった。
前半は自分たちも良いトランジションを何本か出せていたが、後半は出せず、40分間続けなければいけないことを改めて感じている。
練習で準備してきたことが試合で出せず、集中力のなさもあったし、他にもチームとして足りないところはまだまだある。
3連敗になり、しかもホームで2連敗をしてしまっているので、明日はなんとしてでも勝って自信をつけたい。
ブレックスはこういうチームだというものを明日みなさんにしっかり見せたい。

この日発売されたスヌーピーのコラボTシャツを購入しました

そういえば、1/15日はやはりスヌーピーのコラボぬいぐるみが発売され…買ったっけ(笑)

(続きます … 26日の試合内容)

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。