1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 第711回 日フィル東京定期演奏会
MUSIC

第711回 日フィル東京定期演奏会

MUSIC

聴きに行ったのは何と6/7日です。(笑)
ちょっと色々出歩いていたので…

プログラムは敬称略で

指揮者:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
ヴァイオリン:諏訪内晶子
コンマス:白井圭(ゲスト・コンマス)

【日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念公演】

湯浅譲二:シベリウス讃−ミッドナイト・サン− Hommage à Sibelius−The Midnight Sun−
サロネン:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:組曲《レンミンカイネン》―4つの伝説

シベリウス讃―ミッドナイト・サンはヘルシンキ・フィル委嘱作品だそうですが、不勉強でどこがシベリウス?という感じで…
爽やかな曲という以外はあまり印象に残らない曲でした。
でもあまり聴く事のない真壁さんのピッコロが聴けて良かった(笑)

それにしても湯浅さんはご高齢で確か90歳くらいだったかと…
ホールにいらしていました。
紹介して賞賛を送るのは良いのですが、わざわざステージにあげるのは如何なものかと。
足も少しお悪いようで階段を上がるのも手を借りてやっと…
ハラハラ見ていました。

サロネンは諏訪内さんのスリリングで緊迫感のある演奏が素晴らしく…
良かった!

ソリスト・アンコールはJ.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006より「ルール」

組曲《レンミンカイネン》の「トゥオネラの白鳥」は単独でも良く演奏されますが、全曲を通して聴くのは初めてかも(多分)
イングリッシュ・ホルン良かったな~

フィンランドといえば日フィル創立指揮者の故渡邉暁雄さん。
日本人とフィンランド人のハーフで生まれ、初のシベリウス交響曲全曲演奏などにも取り組みました。
今年はあけさんの生誕100周年
6/22日には生誕100周年記念演奏会も開催されます。
勿論参加です!

この日は薫さんと待ち合わせてアークヒルズカフェへ。
タイミングが合わなかったり、ブレックスのセミファイナル決定などでドタキャンしてしまったり…
久しぶりです。

梅雨入りして寒かったのでエビと野菜の温サラダ
手の感じが寒そうでしょ(笑)

温サラダなので柔らかく、美味しかった。
いくらでも食べられそう。

普段は外でカレーはあまり食べないのですが(辛いから 笑)
ここのカレー(牛すじカレー)はそんなに辛くなくとても美味しいです。
いつも何を頼もうか悩むのですが、今回もカレーでした。
次は違うのにしようかな(笑)

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。