1. HOME
  2. FAVORITE
  3. BREX
  4. B.LEAGUE 2018-2019シーズン 第23節 vs 千葉ジェッツ
BREX

B.LEAGUE 2018-2019シーズン 第23節 vs 千葉ジェッツ

BREX

<<3日>>

ブレアリの2階でイートンさんをお見かけしました。
千葉ジェッツのTシャツを着ていますが、JBL2009-2010シーズンのブレックス優勝メンバーの一人、伊藤俊亮選手です。(もう選手ではないですね 笑)
最終キャリアとしては昨シーズンで千葉ジェッツを引退し、今は千葉ジェッツのスタッフです。

ここに来たらブレックスを応援して下さいよと言ったら笑っていました。

スターターはライアン、ジェフ、遠藤、鵤、ナベと前日と同じ

15:05にTIP OFF

鵤の3ポイント

遠藤のポイントを挟んで再び鵤の3ポイント

遠藤も3ポイント

遠藤

ライアン

BREXY and BREXY-blue

竹内

遠藤の3ポイント
など1Qを終わって20-13と7点のリード(昨日と真逆です)

2Qに入ってもライアンのダンク

ジェフなど引き離します

踊るポンポコリンではなくブレッキー
節分なので耳には鬼が(笑)

ライアンと比江島で小野を押し出します。

ライアンの3ポイント

山崎の3ポイント

竹内のブロック

ライアン

遠藤の3ポイントで35-15と20点差を付けます。

しかし、この後に簡単に得点を許しタイムアウト…
安齋HCが激怒!
ボードを床に叩きつけ席を立ちました。
キャプテンとナベがメンバーを落ち着かせます。

昨日は集中力が切れてちょっとしたミスでひっくり返されたので気合いを入れたのでしょう。
でも怖かった!

その詳細

他のメンバーはオールコートディフェンスをしているのにライアンはしっかりディフェンスしていなかった。
結局ライアンの所が崩されて簡単に得点を許します。

HCは怒ってタイムアウト

安齋「やり続けないとダメなんだって今日!お前ら3連敗してんだからな」
ライアンに向かって「聞いとけお前」
日本語なのでライアンに通じたのか?でも雰囲気で分ったかも。

ナベ「いいか気にすんな!何も気にすんな!」
田臥「やる事変わんないからな。」
ナベ「おい!チームでやってんだからな!チームで!」

しょげているライアンを気遣うメンバー
そしてジェフと交代したライアンからベンチで話を聞いてあげているキャプテン。

良いチームだ!

先日の「審判に逆らったうやつは試合に出さない」とか安齋って怖いけど本当は色々考えている良いHCですね。

前半を終わって37-23と14点のリード
キャプテンはいつもの場所でストレッチです。

しかし3Qは…

ライアン

ライアン

ライアンの3ポイント

ライアン
後半が始まって6分間…ライアンでだけしか得点できません。
この間に千葉に46-45と1点差まで迫られます。

しかし…

遠藤

ジェフ

ナベの3ポイント

鵤などの得点で58-47と11点差で最終Qへ

う~ん、椅子の増設の効果は?

遠藤の3ポイント

比江島がスティールし…

そのままダンク
昨日は18得点でしたが今日はこの2得点だけ…
でもアシストなど違う所で貢献しました。

遠藤の3ポイント

ナベ

ジェフも3ポイントを…

決めます。

もう一つジェフ

安齋HC
途中であんなに激怒していたので何を言うかと思ったけど普通でした(笑)

25得点でポイントリーダーの遠藤

勝利の舞

冠スポンサーのmonmiyaでこんな企画があり…

昨日は売り切れていましたが、今日は残っていたので買ってみました。

ライアンの直筆サイン入り生写真が入っていました。

それと何かガラガラを回したら、こんなシールが当たりました。

試合後のコメント

ジェフ

「昨日の敗戦を受けて、より強度を上げて激しくプレーしなければいけないとチーム全員が思っていた。
まずは、昨日よりも激しいディフェンスをして、良いオフェンスにつなげていきたいという意識で試合に臨んだ。
昨日はインサイドでやられてしまったので、相手にインサイドでやられないようによりフィジカルにディフェンスをした。
ディフェンスの激しさを昨日よりも上げてプレーした。
試合の中で千葉が流れを持っていく時間帯があるとは思っていた。
そこで完全に勢いを持っていかれずに、我慢強くプレーする事ができていたと思うし、
4Qに入る時に3Qのようなディフェンスをしていてはダメだと話をして、よりディフェンスで激しいプレッシャーをかけて、流れを引き戻すディフェンスを心がけた。」

遠藤

「昨日は自分たちのやりたいバスケットができず、相手に終始ペースを握られていた。
その反省を試合前に皆で話をして、それが最初から出せた。
3Qに千葉に反撃を許したが、そこから、またやり返す事ができて、首位のチーム相手に自分達のプレーができて18点差で勝利できたと思う。
千葉は1人では守りきれない選手が多いチームなので守り方が難しかったが、チームメイトとのコミュニケーションも試合前からしっかりできた。
点を取られてしまう場面もあったが、そういう時もコミュニケーションを取って戦い抜く事ができた。
昨日はシュートを決めきれなかったが、引きずっていても仕方が無いし、自分がシュートを打たないと点が伸びないと自覚している。
今日は、最初からアグレッシブに自分らしさを出せたと思う。
首位のチームにこういうゲームができたので、これからこのディフェンスの強度でやっていきたい。」

竹内

「同じ相手に4回連続で負けられなかったし、ホームで連敗はできないというのがあったので、そういう気持ちを序盤から出せたと思う。
(勝因は)ディフェンスの強度が昨日より高かったし、千葉が攻めあぐねているのを感じて、良いディフェンスができたと思う。
追い上げられる展開でも慌てなかったし、流れは来ると思っていた。
リバウンドをしっかり取れば自分達の持ち味であるトランジションオフェンスに繋げられると思っていた。
今日のディフェンスの強度を毎試合、出していって、千葉とはまだ2試合残っているし、A東京とも2試合ある。
強いチームとの対戦が残っているので、強いチームに対しては、今日のようなディフェンスをしないと勝てない事があらためてわかった。」

連勝は出来ませんでしたがベンチメンバー10名、出場可能メンバー9名、ある程度計算が出来るメンバー7名での戦いなので1勝1敗でも良しとしましょう。

東地区の2/3日時点での順位は以下の通りです。

1 千葉ジェッツ 32勝6敗(.842)
2 栃木ブレックス 30勝8敗(.789)
3 アルバルク東京 26勝12敗(.684)
4 サンロッカーズ渋谷 18勝20敗(.471)
5 秋田ノーザンハピネッツ 13勝25敗(.342)
6 レバンガ北海道 10勝28敗(.263)

また勝手に算出しました(笑)
残り22試合でCS進出までのマジックは14、CSのQFホーム開催のマジックは19かな?
まぁ無いけど地区優勝のマジックは22だったりして(笑)
まだ一応自力優勝の可能性はありますが、このまま2位で終われれば満足です。

でもCSの事を考えたら3位の方が良いんですけどね。
どこかのチームみたいにそんな調整はして欲しくないです。
どこかのチームから来た比江島のためにも。

来週末はホームでサンロッカーズ渋谷との2連戦です。
土曜日は用事が入っているので日曜日に観戦します。

2/4日追記

2/21(木)、24(日)に開催される#FIBA バスケットボールワールドカップ2019 アジア地区2次予選Window6に向け、本日から行われる日本代表第8次強化合宿のメンバーとして#6 比江島選手、#9 遠藤選手、#10 竹内選手が選出されました。

という発表が…
まぁ、名誉なことだけど残ったメンバーでチーム練習は無理そうですね。
週末のサンロッカーズ渋谷戦が不安…

サンロッカーズ渋谷からはベンドラメ1名だけだし…
アルバルクの5人も大変そう。

それが終わると日本代表の遠征があるので3月までRSはお休みです。
その間に疲れを癒したり、チーム強化をしたりして欲しいですね。
それとキャプテンや修平さんの復帰準備も!

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。