1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 第664回 日フィル東京定期演奏会
MUSIC

第664回 日フィル東京定期演奏会

MUSIC

実際に聴きに行ったのは10/24日です。

プログラムは

指揮者:アレクサンドル・ラザレフ(首席指揮者)
コンマス:扇谷さん

チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
ショスタコーヴィチ:交響曲 第4番 ハ短調 作品43

まずは弦楽セレナーデですが、何かと闘っているかのような挑戦的な弦セレに聴こえました。
ラザレフが振ると、こんなイメージになるんだ~
という感じで聴いていました。非常に濃厚な弦楽セレナーデでした。

タコ4の初演は1961年キリル・コルドラシン指揮のモスクワ・フィル…
ラザレフはそのコルラドシンから受け継いだショスタコーヴィッチ直筆の賛辞が書き込まれたスコアを持ち込みました。

コンドラシンは1978年、オランダへの亡命前にスコアをラザレフに託したそうです。

正直に言って、この曲は構成が難しくて良く分からないんです(笑)
そのせいで、今まではあんまり聴いた事がありませんでした。

しかし、24日の演奏は素晴らしかったの一言…
大スケールでの力強さとそれに反するような緻密さが組み合わされて、各パートのソロ演奏も良かったし…
でも、やっぱり曲そのものは良く分からないや(笑)

まぁ、分からないなりに集中して聴けたという事もあるんでしょうね。

曲が終わって、最初は手を顔の前に持ってきたラザレフ…
指だけがもにょもにょと動いています。
その後、両手で顔を覆いしばらくそのまま…

客席もその様子を演奏の余韻に浸りながら見つめています。

1分なのか2分なのか静かな時間が流れました。

やっとの事で手をおろしたラザレフ…
場内からは割れんばかりの拍手が鳴り止みませんでした。

24日の定期演奏会は、今年聴いた日フィルの中で一番記憶に残るかも知れません。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。