第706回 日フィル東京定期演奏会

聴きに行ったのは12/7日です。

プログラムは敬称略で

指揮者:沼尻竜典
ソプラノ:エディット・ハラー
コンマス:白井圭(ゲスト・コンマス)

ベルク:歌劇「ヴォツェック」より3つの断章
マーラー:交響曲 第1番 ニ長調 「巨人」

ベルクは初めての曲です。(そもそも歌劇なので 笑)
全然分かりませんが、曲だけ聴いたらなんか不思議な感じです。
これにソプラノが加わるわけですが、これが凄かった~
声量も凄いし、良くあの曲に合わせられるな~と感心して聴いていました。

でも何といってもエディット・ハラーの存在感…凄かったです!
20分という短い曲ですが、もっと聴いていたかった!

「巨人」ですが、ちょっとホルンが不安定でしたが全体的には素晴らしかったと思います。
沼尻さんは極端に曲をいじることはしませんが、攻める所はしっかりと攻めてきます。
あまり攻めすぎると音が破綻しますが、その直前で止まっているような微妙なバランスの演奏でした。

Cb.高山さんは降り番で残念ながらソロを聴けませんでした。
ソロは神奈フィルの米長さんでしょうか?良かったです。

サントリーホール界隈はクリスマスモードです。

ツリーは昨年と違うものでした。

ホール内部

ホール内のツリー

新シーズン初めてアークヒルズカフェに行きました。
これはパワーサラダ…パワーが付くそうです。

何やら探している薫さん…

よし、これだ…

お肉を見つけました(笑)

私はここに来ると最近は「トロトロ牛すじカレー」が多いです。
辛くないので(笑)

薫さんは「きざみあげうどんと俵にぎり」…でもおにぎりはお持ち帰りです。
今日の曲は緊張ぎみとか…

しかしアークヒルズカフェにうどんがあったのにはビックリ(笑)

関連記事一覧