湘南鎌倉フィルハーモニック管弦楽団 演奏会

実際に聴きに行ったのは3/6日です。

「NPO法人 癒しの医療を考える会」主催の演奏会です。
このNPO法人は、「癒しの医療を求めて医療者と患者様が一体となり、病気を克服していくこと」の実現を目指して、湘南地域を中心に春と秋の年2回の医療講演と演奏が一体となったクラシックコンサートを開催しているNPO法人です。

秋に室内楽、春にオーケストラの演奏会があり…
昨年の秋はクラリネット奏者「亀井良信とその仲間たち(笑)」とも言える室内楽が藤沢でありました。
メンバーは亀井氏以外に敬称略で難波薫(フルート)、木川博史(ホルン)、荒川文吉(オーボエ)、長哲也(ファゴット)、小林有沙(ピアノ)というメンバーでした。

このblogに良く出てくる難波薫さんが演奏するので直前まで聴きに行こうか悩んだのですが、他にも演奏する機会があると聞いて行くのを止めたのです。
でも色々な情報が錯綜して他の演奏会はクローズのものだと分かり聴きに行けず、藤沢に行けば良かったと後悔しました。

この湘南鎌倉フィルハーモニック管弦楽団は昨年までは「オーケストラアンサンブル湘南」という名前で演奏を行って来たようですが、今回から名前も変わり亀井氏がメンバー強化したオケみたいです。

会場は逗子文化プラザなぎさホール
逗子と遠いですが、昨年みたいに後で後悔するのも嫌なので頑張って聴きに行きました。

オケの総勢は50名程度でしょうか、全員のメンバーを書くわけにはいかないので各パートのトップを紹介すると…(例によって敬称略です)

コンミス:名倉淑子(元東京クワルテット、サイトウキネンオーケストラ)
1st Vn.:小林美樹(鎌倉ソリステン、出光音楽賞受賞)
2nd Vn.:寺井馨(読響)
Va.:大島亮(神奈フィル首席)
Vc.:宮城健(元山響首席)
Cb.:加藤正幸(元東フィル首席)
Fl.:難波薫(日フィル)
Ob.宮村和宏(東京佼成ウインドオーケストラ首席)
Cl.:亀井良信(桐朋学園大学准教授、出光音楽賞受賞)
Fg.:依田晃宣(藝大フィル)
Hr.:木川博史(N響)
Tp.:本間千也(東京佼成ウインドオーケストラ)
Tb.:今込治
Perc.:小島光(新日本フィル)

という豪華メンバーです。

コンミスの名倉さんと神奈川、東京を中心に活躍するプロの管弦楽演奏者で構成され、癒しの医療とは何であるかの趣旨を理解し結成されたそうです。

プログラムは、またまた敬称略で(笑)

指揮者:瀬山智博
オーボエ:宮村和宏
ピアノ:小林有沙

モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 K.543
R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 ニ長調 AV.144
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

指揮者の瀬山さんはまだ30代と若い指揮者で、動きは少し直線的な雰囲気(笑)がありましたが、元気あふれる棒で好感が持てました。

普段はあまり一緒に演奏する機会のないメンバーをこれだけ束ねられたので良い指揮者になるだろうな~と感じました。

演奏そのものは前述した通り、短時間で合わせたのとは思えないほどまとまった良い演奏でした。
コンチェルトの各ソリストの演奏も素晴らしかったです!

ところで話は変わりますが、最近blogに薫さんの登場が多いので「何で?」と聞かれる事があるので振り返ってみました(笑)

薫さんが日フィルに入団されたのは2007年3月です。

もしかしたら知らないで聴いていた事があるのかも知れませんが、最初に薫さんの演奏を聴いたのは入団前の「展覧会の絵」だと思います。
芸劇で現田さんの指揮でした。

現田さんは読響を振った時などに聴いた記憶があるのですが、昨年の宇都宮第九で初めて日フィルを振るのを見られると思っていました…
でも現田さんを通して薫さんが見え、何となく昔の「展覧会の絵」のイメージを思い出したんです。
今年の杉並公会堂で柴田さんと並んだ薫さんを見て、やっぱりあの時はそうだったんだと確信しました。

本人は良く覚えていないらしいですけど(笑)
でも入団前に乗った事もあるし、現田さんも展覧会の絵もやったそうですが…
それが同時なのかを覚えていないみたいです。

「展覧会の絵」は私にとっては学校の授業以外では最初に聴いたクラシックの曲なので「特別の曲」だから覚えていたのです!

そして逗子…

最初のモーツァルトはフルート1本です。
また何やら記憶が戻りつつあります(笑)

そして最後はピアノ協奏曲…

薫さんが正式に日フィルに入団し最初に聴いたのがモーツァルトのピアノ協奏曲だったという記憶が戻りました。
渡邉一正指揮、ピアノは松下奈緒さん。
う~ん、20番だったかな~

何か最近ちょっとしたことで昔の記憶が蘇ります(笑)

薫さんの吹く音色が好みで、凄く心に響いてファンになりました。
フルートは勿論ですが、普通は尖って聴こえるピッコロの音色に優しさが含まれているのも良いです!

そう思うと随分長い付き合いですね~。

逗子までは宇都宮から湘南新宿ライン1本ですが、約3時間の小旅行です。
行きは運よく快速に乗れたので少し短縮しました。
なので逗子の街を散策しようと思っていました。

しかし、当初一緒に聴きに行く予定の友人がいて最近連絡がとれなかったのです。
昨日も聴きに来るのか全然分からない状態で、どうして良いか困っていました。(責めているのではなく、心配していました)

電車に乗ってから、来られる事が分かり安心しましたが…
何時に到着するか分からないという事なので散策は諦めてホールの外で待っている事にしました。
(チケットは私が持っていたので…)

40分くらいは待っていましたが、良い事もありましたよ。
昨日は特に薫さんとお会いする約束はしていなかったのですが、待っている間にお会いできました。
そして、自分用に買っておいた「チーズケーキ」のチロルチョコを差し上げました(笑)

先週はマーラーの前にお会いする約束をしていて…
たまたまコンビニでチーズケーキのチロルチョコを見つけたので差し上げたのです。
(薫さんはチーズケーキが大好きなのです)

でも私自身は食べなかったので、どんな味なのか帰りの電車で食べようと買いました。
結局昨日は食べられませんでしたが…

という事で、今日も買ってみました。
同じコンビニで買ったので「あ~、また買っていく」と思われたかも知れません(笑)
確かに何となくチーズケーキの味がしました。

差し上げてから、バレンタインのお返しだと思われたらまずいとおもいフォローしました(笑)
バレンタインのお返しがチロルチョコではね~

全然散策出来なかったわけではなく、ホールに行く途中に亀岡八幡宮という神社があったので寄りました。

亀岡というだけあって、「こまいぬ」ではなくて「こまかめ」でした(笑)

「NPO法人 癒しの医療を考える会」の主催する今後の演奏会は…

9/11日に室内楽、来年の3/26日に湘南鎌倉フィルハーモニック管弦楽団だそうです。
両方とも藤沢市民会館ですが、メンバーは分かりません。

電車に乗っている時間が往復で6時間…
徒歩の時間も入れると7時間の小旅行(笑)でしたが、良い演奏も聴けたし楽しい1日でした。

天気予報では雨が降る予想もありましたが…
私が外にいる時間帯は雨に降られませんでした。
車内やホール内にいる時は降っていたようです。

やはり日頃の何とかでしょうか(笑)

関連記事一覧