第705回 日フィル東京定期演奏会

前回の定期演奏会は体調が良くなく、咳も我慢できない上に東京まで行く元気がなくてお休みしました。
何年かは忘れましたが皆勤賞だったのに…

プログラムは敬称略で

指揮者:アレクサンドル・ラザレフ(桂冠指揮者兼芸術顧問)
コンマス:白井圭(ゲスト・コンマス)

グラズノフ:交響曲第8番 変ホ長調 op.83
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 ニ短調 op.112《1917年》

ラザレフのロシア…久々のオケという事もあり堪能してきました。

グラズノフってあまり聴いたことはありませんが、面白い曲でした。
楽章によって雄大さ、悲しさ、激しさなどが伝わって来ました。
40分越の長い曲ですが、そんなに長く感じられませんでした。

ショスタコーヴィチは迫力が凄かった…
休憩が終わってラザレフが登場したかと思ったら…
急にVc.の音が…
いつの間に指示を出したんだろう(笑)

久々のオケで少し疲れたけど楽しかった~

閉店したオーバカナルはまだ囲いがしてありました。
何かお店が入らないかな~

 

関連記事一覧