• BREX
  • ブレックス

いよいよ来週になりました。

B.LEAGUE 3年目開幕まであと1週間…

2018-2019シーズンのブレックスのスローガンは「ADVANCE」

2017-18シーズンでは序盤に苦戦をしましたが、日を追うごとにチームとして成長し、苦境を巻き返してチャンピオンシップに進出することができました。
最終的には、まだまだチームも成長過程の中でシーズンを終える形となってしまいましたが、 2018-19シーズンはその”成長”をより一層”加速”させ、更に”高いレベルや結果”に向かって、たとえどんな苦しい状況に陥ろうとも、日々自分たちを”進化”・”進歩”させながら、決して歩みを止めることなく、常に”前を向いて”一歩一歩”前進”していこう、という意味を込めて”ADVANCE”というスローガンに決定しました。

という事です。

確かに昨シーズンは、HCがトムから長谷川に変わり…さらに途中でACだった安齋に変わったりしました。
選手も優勝メンバーのうち主力が何人も移籍したり、引退したり…
まぁ引退した渡邉は現役復帰しましたけど。
そういえば一昨年までRADIO BERRYでパーソナリティを努めていた「ナベのフタ」が10/4日に復活です。
一度引退したくせにという事で番組名は「ナベのくせに」(笑)
詳細はこちらです。(外部サイトへのリンク)

2018-19シーズンのメンバーは

PG:田臥 勇太(#0)、鵤 誠司(#18)、渡邉 裕規 (#13)
PG/SG:遠藤 祐亮 (#9)
SG:田原 隆徳(#11)、山崎 稜 (#30)、エリック・ロバーツ (#25)
SF:栗原 貴宏(#24)、喜多川 修平 (#31)
PF/C:竹内 公輔(#10)、橋本 晃佑 (#21)、ジェフ・ギブス(#4)、ライアン・ロシター (#22)
C:アンドリュー・ネイミック(#12)

渡邉が#24→#13、ライアンが#32→#22に変更になっています。
先日のアーリーカップTV放送で篠田アナが渡邉がボールを…などと実況していましたが、それは栗原です(笑)
早く慣れると良いですね。

新規メンバーは川崎ブレイブサンダースから栗原

昨シーズンのブレックスホーム戦では怪我で出場していないので、一昨年のファイナル…
古川をブロックする栗原

レバンガ北海道からトライアウトを経て田原

私のデジカメにはプレイしている田原の写真はありませんでした。
ベンチを温める田原(笑)
でも先日のアーリーカップでは3ポイントを決めました。

越谷アルファーズからレンタル移籍のドリュー

ドリューは2016年から毎年数か月はブレックスでプレイしています。

新規加入のエリック・ロバーツは分かりません。

4/1日にはトレイ・ギブス(ジェフの長男)の入団発表がありましたが、エイプリルフール企画でした(笑)

逆にブレックスから去って行ったメンバーは

セドリック・ボーズマン(CB)、その後の動向は分かりません

須田 昂太郎(茨城ロボッツに移籍)

前村 雄大(バンビシャス奈良に移籍)

生原 秀将(シーホース三河に移籍)
三河と言えば比江島が一旦入団しましたが、すぐに海外に挑戦するために移籍しました。
三河の喜美一HCの比江島はオーストラリアに行くというインタビューを聞いていたので、ブレックス移籍は何で?と思っていましたが…

青木 ブレイク(ライジングゼファー福岡に移籍)
まぁ、青木は昨シーズンは富山にレンタルしていました。

それと修平さんが右膝前十字靭帯断裂および右膝外側半月板損傷で長期離脱…
昨シーズンは3ポイント成功率のタイトルを取っているだけにちょっと痛いですね。

まぁ、渋谷が良い補強をしているので東地区の中では
東京>千葉>渋谷>=栃木>北海道>秋田 という感じでしょうか。
何とかCS争いをして欲しいです。

昨シーズンはホームゲーム29試合(1試合は予定があったので)とウィングアリーナ刈谷での三河とのクォーターファイナルを観戦しました。
今シーズンもシーズンチケットを購入していますが、昨シーズンに比べて金曜日開催が増えたので今の予定ではホームゲーム全ては観戦出来ないです。
ホーム開幕戦は予定が入っているので微妙…でも行きたい。

それと今までは川崎戦は県北体育館で開催する事が多かったですが…
(県北には東芝の関連企業が多いからでしょう)
今シーズンからスポンサーが東芝からDeNAに変わったので開催場所もブレアリになっています。
それと何故か鹿沼での開催は無いみたいですので、ブレアリが28試合、小山の県南体育館が2試合という感じです。
ブレアリには徒歩で10分なので有り難いのですが、大田原と鹿沼の人は残念ですね。

関連記事一覧