1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 竹澤恭子&江口玲デュオ・リサイタル
MUSIC

竹澤恭子&江口玲デュオ・リサイタル

MUSIC

プロムナードコンサート2022の2回目です。
11/6日に聴きに行きました。

プログラムは敬称略で

ヴァイオリン:竹澤恭子
ピアノ:江口玲

J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 第4番 ハ短調 BWV1017
R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18
ショパン:ノクターン 第8番 変ニ長調 op.27-2
サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 op.75

ベテランお二人による円熟した演奏でした。
プログラムはコロナによる疲弊を克服するためにエネルギッシュな選曲にしたとか…

ちょっと体力的にどうかなと思いましたが、年齢を感じさせない力強い躍動感のある演奏でした。
いや~、確かにエネルギーを貰いました。

アンコールは2曲で
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ 第2楽章
ドビュッシー:美しき夕暮れ

ホールに入ったときにあれっと思ったのは、ホールが所有しているいつものスタインウェイではなく、持ち込まれたピアノでした。
1887年のニューヨークで作成されたローズウッドのスタインウェイ「D-54958」…カーネギーホール創立から1920年代まで使われていそうです。
響きがいつも聞いているピアノと異なり、特に弱音が良く鳴っている印象を受けました。

さらに今回は楽譜をiPadで表示していました。
譜めくりはペダルです。

竹澤さんは良いと思うんですが江口さんはどうするんだろう?
演奏する江口さんの足元をずっと見ていました(笑)

ダンパーペダルは普通通り常時右足で踏んで、左足は結構頻繁にシフトペダルを踏んでいます。
そしてシフトペダルの左側に譜めくり用のペダルを設置して譜めくりをしていました。

今回のような激しい曲の中で、踏み間違えたりしないものだな~と変な所で感心しました。
色々な意味で良いリサイタルでした。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。