• BREX
  • ブレックス

B.LEAGUE 2018-2019シーズン 第2節 vs 富山グラウジーズ

10/4日に開幕したB.LEAGUE 3年目…
開幕の2連戦はアウェイで何とかライジングゼファー福岡に連勝したブレックスは10/12、13日にホーム開幕戦を迎えました。

12日はサントリーホールに行こうかブレアリに行こうか悩んでいましたが、体調が思わしくなく東京までの往復は厳しいのでブレアリで応援する事にしました。

対戦相手は富山グラウジーズ。
京都からスミス、千葉からライオンズが移籍したりとオフェンスが強いチームになっています。
昨シーズン、スミスには散々やられているのでスミスをどう抑えるかがポイントになると思っていました。

プログラム

開幕時点でのメンバーです。
この中で喜多川はインジュアリーリスト入りしています。

今シーズン観戦する席は昨シーズンと同じです。

ブレアリの入り口には大きなブレッキーが出迎えてくれるようになりました。

中もコート上で色々光ったり(笑)

レーザー光線の演出が加わったりとグレードアップしています。

今シーズンは各クラブのホーム開幕節の試合会場にて先着でプレイヤーズマスクをプレゼント!という企画があり…

ブレックスは喜多川修平でした。

スタンドは喜多川だらけ。

コート内でもプレイヤーズマスクをしている選手がいると思ったら…
修平さんご本人でした(笑)
修平さんは8/4日に右膝前十字靭帯断裂および右膝外側半月板損傷という大けがを負い、おそらく今シーズンの復帰は難しそうです。
現在はリハビリを頑張っているそうですが、無理をしないでほしいですね。
(同様の怪我の場合は、復帰には大体8ヶ月くらいかかるようです)

試合の結果は12日は104-84、13日は85-80と連勝し開幕4連勝になりました。
でも両日ともに80点以上もとられて負けてもおかしくない試合でした。
スミスとライオンズの二人には12日は51得点22リバウンド、13日は38得点33リバウンドと抑えられた気がしません。
核になる選手が新加入で、まだまとまっていない時期の富山で救われたのかも知れません。

(続きます → 12日のゲーム内容)

関連記事一覧