1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 石上真由子ヴァイオリン・リサイタル
MUSIC

石上真由子ヴァイオリン・リサイタル

MUSIC

今年の聴き初めです。
1/13日に聴きに行きました。

昨年、石上さんのトリオを聴いて…
また聴いてみたいと思っていたので…

プログラムは敬称略で

Vn.:石上真由子
Pf.:城綾乃

クライスラー:愛の喜び
クライスラー:愛の悲しみ
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV.1004 より シャコンヌ (Vn.ソロ)
コープランド:ウクレレ・セレナーデ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
ラヴェル:ツィガーヌ

1時間という短い時間に色々詰め込まれていました。

ご存じの方も多いと思いますが、石上さんは京都市立医科大学出身のヴァイオリニストです。
何かで読んだ記憶がありますが、研修医の申し込み締め切り1分前に音楽の道を進むことを決断したとか…
解剖学の実習を行った「血がほとばしるような演奏」を目指しているとか(笑)

でも、最近は少し悩んだ時期があったそうです。
コロナのこんな世の中で、医師免許を持っているのにも関わらずヴァイオリンを弾いてて良いのかと…

まぁ、音楽も癒しを与えるという事で良いのではないかと。

ソロのバッハから、クライスラー、ラフマニノフ、ラヴェルなどの親しみやすい曲、コープランドの聴いたことのないウクレレ・セレナーデなど1時間の演奏とは思われないほど楽しめました。

アンコールはクライスラー:美しきロスマリン

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。