1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 第736回 日フィル東京定期演奏会
MUSIC

第736回 日フィル東京定期演奏会

MUSIC

12/10日に聴きに行きました。
3回連続に聴きに行けたのは約2年ぶりかも…

プログラムは敬称略で

指揮者:カーチュン・ウォン(首席客演指揮者)
トランペット:オッタビアーノ・クリストーフォリ

コンマス:木野さん(隣に田野倉さんもいました)

アルチュニアン:トランペット協奏曲 変イ長調
マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調

カーチュン・ウォンは9月から首席客演指揮者に就任し、その披露演奏会になりました。

最初にちょっと後ろめたい?事を書きますが…
マーラーだけで十分だったかも

特に私は生オケを聴くのにリハビリ中だし(笑)

オット氏が悪いと言っているわけではありません。
初めて聞くアルチュニアンもそのまま首席で演奏したマーラーも、日本人離れした良い演奏でした。
まぁ、そもそも日本人ではなくイタリア人ですが(笑)

それよりもマーラーの印象が強く、前半の曲の印象はあまり残っていません。
前半でソリストを務めたオット氏のソロから始まり…
ちょっと遅めだけど印象的な演奏でした。
ホルン主席の信末さんも堂々とした演奏で良かった~

カーチュン・ウォンは2016年第5回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝しているので、マーラーは得意なのでしょう…
暗譜での指揮でした。

指揮そのものも何か格好いい…

これからの日フィルとの演奏が楽しみですね。

アークヒルズはクリスマスモードでした。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。