1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 第734回 日フィル東京定期演奏会
MUSIC

第734回 日フィル東京定期演奏会

MUSIC

県境を跨ぐ移動制限が緩和されたので、10/22日に聴きに行きました。
昨年の10/9日以来、約1年振りのサントリーホール&生オケでした。

1年振りですが迷わずに行けました(笑)
工事中だった道路の工事が終わり、あれっと思った箇所はありましたが…

プログラムは敬称略で

指揮者:アレクサンドル・ラザレフ(桂冠指揮者兼芸術顧問)
ピアノ:福間洸太朗

コンマス:田野倉さん

リムスキー=コルサコフ:「金鶏」組曲
リムスキー=コルサコフ:ピアノ協奏曲 嬰ハ短調 op.30
ショスタコーヴィチ:交響曲 第10番 ホ短調 op.93

生ラザレフを聴くのは何と2年半振りです…

ホールに着いていつもの席で開演を待ちます。
何かふわふわした気分でした。
お隣の席の方とも1年振り…

まずはラザレフが登場…
ん、プレトークあったっけ? と思ったら
ラザレフが楽団員を呼び込み、指揮台で待っています。
とても楽しそう…というかやんちゃですね(笑)

全ての曲で最初にラザレフがステージに出てきていました。

そのふわふわした気分が一転したのはオット氏のトランペット…
いや~、これが忘れていた生オケ…空気を伝わる音なんだ~と感動が

ただ久しぶりの生オケ…
モーツァルトとかブラームスとか、そんなリハビリが欲しかった気がします。
まぁ、ラザレフなので望めない事ですけど。

タコ10の暴力的な演奏にも頭と体がついて行かず…
とてもハードな2時間でした。

今後も、新型コロナ感染症が再拡大せずに聴きに来られたら良いな~

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。