1. HOME
  2. DIARY
  3. 2020年はこんな年でした
DIARY

2020年はこんな年でした

DIARY

今年は、新型コロナウイルスの影響でほぼ自粛の1年でした。

マスク生活をしていたので風邪などはひかずにすみましたが…
在宅勤務が主になり体力は低下したと感じます。

ここ数年苦しんでいる右肘の痛さは変わりありません。
途中、緊急事態宣言が出されてテニスコートが利用できないため数か月間テニスも自粛していましたが、肘は全然良くならないのでテニスのせいではないですね。
医者はテニスエルボーと言い切ったのに…
でもテニス時はあまり痛くなく、普段の生活、例えばパソコンのキーボード操作などのほうが痛かったりします。

演奏会は中止、延期が相次ぎました。

ここから中止が相次ぎます

7月以降は入場人数を制限して再開されはじめました。

しかし、7/10日を聴いた以降は東京都の感染者が多くなり東京都等への外出自粛要請などがあり中断です。

やっと9月以降は、人数制限はあるものの予定通りに開催されるようになりましたが…

また首都圏の感染者が増えて再度の外出自粛になり、首都圏の演奏会は11/13日が今年最後になりました。

県内のカルテットは聴きに行きました。

自粛で行けなかったものなどはWeb配信で在京オケや室内楽など30公演程度は視聴しました。
でも生音にはかないません…

第九も生で聴けなかったので、年末になった気がしません(笑)

結局、今年聴きに行けた演奏会は10公演でした。
来年はいくつ聴きに行けるでしょうか?

最初の予定は1/15日のサントリーホールですが、不要不急の外出自粛要請が出ている限りは無理そうですね。
でも、1/16日は宇都宮のピアノトリオなので大丈夫かも。

Bリーグも2019/2020シーズンは途中で無観客試合になり結局中止
チャンピオンシップは行われませんでした。

2020/2021シーズンは観客を半分に制限して、声を出したりタオル類を振り回したりは禁止など様々な制限の中で開催されていますが、盛り上がりに欠け少し寂しいですね。

またシーズンチケットの販売が見送られたので、毎試合チケットを購入する煩わしさもあります。
シーズンチケットホルダーだった得点で、最優先の先行販売で購入できるので、昨シーズンとほぼ同じような場所で観戦できています。

今の所スケジュール通り開催されていますが…
B2などでは市の要請で中止や延期になっている試合も出始めていて、今後はどうなるか分かりません。

観戦できなくても、無観客でも、レギュラーシーズンを最後までやって、チャンピオンシップを開催して欲しいですね。
まぁ選手・スタッフの健康も守らなくてはならないので、無理はしない範囲で…

こんな感じの1年でしたが、来年はどんな年になるんでしょう。
コロナ以前には戻るとは思っていませんが、少しでもそれに近い生活をしたいものです。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。