1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 第724回 日フィル東京定期演奏会
MUSIC

第724回 日フィル東京定期演奏会

MUSIC

聴きに行ったのは10/9日です。

政府のイベント開催制限が緩和され、取り敢えず11月末までは今までの50%制限が解除されました。
今回の定期演奏会も1階の最前列やP席の一部を除いて使用できるとの事ですが、やはりコロナ前と比べると定期演奏会の継続をしなかった方もいるのか空席が目立ちました。
台風接近という事も影響あるかも…

もちろんマスク着用や検温が行われています。
以前は入場口で皮膚温度を測った時があったのですが、特にそんな気配もありません。

こんな感じでチェックしていました。

プログラムは敬称略で

指揮者:飯守泰次郎
ピアノ:福間洸太朗
コンマス:扇谷さん

シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759《未完成》
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 op.15

ラザレフの入国が難しい関係で指揮者及び曲目が変更になりました。
本来はこちらでした。

リムスキー=コルサコフ:《金鶏》組曲
リムスキー=コルサコフ:ピアノ協奏曲 嬰ハ短調 op.30
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ホ短調 op.93

タコ10が聴けなくて残念でしたが、次の演奏機会を待ちましょう。
ちなみに来月の定期演奏会はインキネンの予定ですが、今のところ来日予定らしいです。

飯守さんが東京定期を振るのは約4年ぶりでしょうか…
前回もブラームスでしたね。(千葉さんと辻本さんのドッペル)

やはり秋はブラームスが似合いますね(笑)

初めて聴く福間さんのピアノも切れが良く力強く良いブラームスでした。
良くを言えばもう少し感情が入っているとなお良かったかも。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。