1. HOME
  2. FAVORITE
  3. MUSIC
  4. 第723回 日フィル東京定期演奏会
MUSIC

第723回 日フィル東京定期演奏会

MUSIC

聴きに行ったのは9/4日です。
約2ヵ月振りの県外(市外)脱出でした(笑)
感染者数が落ち着いているので行けましたが、今後はどうなることやら…

まだ今年の生演奏会は5回目なので、出来るだけ機会があれば行きたいと思いますが…
様子を見ながらですかね~。

でも、やっぱり生音は良いな~!!

プログラムは敬称略で

指揮者:山田和樹[正指揮者]
Pf.:沼沢淑音
Vc.:横坂源
コンマス:扇谷さん

ガーシュイン:「アイ・ガット・リズム」変奏曲
ミシェル・ルグラン:チェロ協奏曲 (日本初演)
五十嵐琴未:「櫻暁」 for Japan Philharmonic Orchestra (世界初演)
ラヴェル:バレエ音楽「マ・メール・ロワ」

今回より新シーズンです。
ここ数年、新シーズンの最初の定期はヤマカズが振っていましたが今回も…

この日は開演前にヤマカズのプレトークがありました。
最初の一声が「戻ってまいりました~、サントリーホール…」
サザンの桑田かと(笑)
桑田は「帰ってまいりました」だっけ??

なんか怪しいアラビア人か怪しい占い師みたいでした(笑)
歌えるマスクを着用していたそうです。

感染症の拡大防止のために大規模な編成が無理なため、後半予定されていた水野修孝:交響曲第4番は変更になりました。
「櫻暁」は曲の変更を余儀なくされたヤマカズの依頼で7月半ばから約1か月で作曲された曲らしいです。

シーズン最初の定期はアイ・ガット・リズムが変奏曲だったり、日本初演、世界初演、組曲ではないマ・メール・ロワだったり…
新鮮で難解でした(笑)

日本初演のチェロ協奏曲は途中でチェロ・ソナタが入っていたりして面白い曲でした。

ソリストのアンコールはフォーレ:夢のあとに

次回の10月定期ですが…
予定されていたラザレフ[桂冠指揮者兼芸術顧問]が入国規制により来日出来ないため以下の通り変更です。

指揮:飯守泰次郎
ピアノ:福間洸太朗

シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759《未完成》
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 op.15

今回のヤマカズもドイツ在住なので、入国後2週間の待機があったとか…
11月のインキネン[首席指揮者]もどうなることやら…

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。