1. HOME
  2. 未分類
  3. 第722回 日フィル東京定期演奏会
未分類

第722回 日フィル東京定期演奏会

未分類

7/10日に行ってきました。
1月の東京定期以来なので約半年ぶりのサントリーホール&生オーケストラです。
生音としても2/22日にパイプオルガンのコンサートを聴いた以来です。

プログラムは敬称略で

指揮者:広上淳一
コンマス:扇谷さん

バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 op.68

この日は入場者を約半分の最大900人に絞っての開催でした。
実際にはその8割程度でしょうか。

ホールの入り口も人がまばらでした。

ちょっとチケットでトラブルがあって前日まで行けるか分からなかったのですが…
無事に行けました。

入場時には検温及び消毒
ホール内での会話禁止
演奏終了時のブラボー禁止

など、様々な制約がありました。

バッハは弦楽奏者+チェンバロで約10名の演奏。
ブラームスは12型でいつもとは異なる編成…それに伴って配置も変更されていました。

内容はともあれ久々の生音…
じーんときました。
楽団員の皆さんの演奏が出来るという喜びもしっかり伝わってきました。

新型コロナで演奏会等が中止になって…最近になってネット配信が出始めました。
聴いたのは

日フィル とっておきアフタヌーン オンラインスペシャル
森麻季(&鈴木優人)のソプラノリサイタル
金子三勇士のピアノリサイタル
藤原功次郎(&原田恭子)のトロンボーンリサイタル
ドス・デル・フィドル(石田泰尚/崎谷直人)

内容的には満足が出来るものでしたが…
やはり生音には勝てません。

今後は様々な工夫をして演奏会が開催されるとの事なので、しっかり予防して聴きに行きたいですね。
ただ、最近また感染拡大傾向なので今後どうなるのか不安です。

最新の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ペンギンとクラシック音楽好きの中小企業診断士です。川崎生まれの横浜育ち。(現在は仕事の関係で宇都宮に在住)

休みの日はテニスをやっている事が多いですが、最近はブレックスのゲームがあると応援に行くのでバスケシーズン中はテニスの回数は減ります。

以前は毎日のようにblogを更新していましたが、Facebookを始めてから日々の出来事などはFacebookに書いています。基本的には殆どが「公開」で書いていますのでご覧下さい。